ホーム > 健康教育コーナー > 気になる「体臭」

健康教育コーナー

気になる「体臭」

夏になると気になる「体臭」。自分自身では、においに慣れてしまって気づいていなかったり、周囲の人からは指摘しづらく、不快な思いをさせているかもしれません。

皮膚の表面や毛穴、皮脂腺には、「皮膚常在菌」と呼ばれる微生物がいて、良い働きをするものも悪い働きをするものも沢山の種類があり、皮膚1㎠あたりに1~10万個存在しています。その皮膚常在菌が皮膚表面の汗や皮脂、汚れを分解し、体臭の原因になる「ガス」を作り出します。汗には元々においがなく、時間が経つと皮膚常在菌によって、においが発生します。

汗を分泌する「汗腺」には2種類あります。水分を体の外に出すために独立して全身に存在している「エクリン汗腺」から出る汗は、血液中の水分から作られるため、約99%は水で、残りは塩分と微量のミネラルです。もう1つは脇の下など限られた部分にだけ存在する「アポクリン汗腺」で、毛穴の中にあるため、毛穴の中の皮脂や老廃物まで含んだ汗になってしまいます。アポクリン腺から出る汗も元々は無臭ですが、皮脂や老廃物のタンパク質、脂肪酸、コレステロール、鉄塩など、におの元になりやすい成分を多く含んでいるため、汗をかいて時間が経つと、強いにおいを発します。気になる足の裏も汗腺が多く、汗をかきやすいため、においが発生しやすい部分です。また、足の古い角質を皮膚常在菌が分解し、独特の刺激臭のイソ吉草酸アルデヒドを作り出します。

体臭ケアとして、まずは汗や皮膚、においの原因物質を水で洗い流したり、水タオルでふき取りましょう。皮膚常在菌の一部は保湿剤を作り、皮膚を守る働きもしているので、皮膚の殺菌などは行わないようにしましょう。

腸内細菌のように、皮膚常在菌のバランスが崩れないように皮膚免疫を高めたり、脂の多い食事を控えて皮脂の質にも気を付けるとよいでしょう。

一覧へ戻る