ホーム > 健康教育コーナー > 冬の悩み「静電気」

健康教育コーナー

冬の悩み「静電気」

「冬になると静電気に悩まされる」という方がいます。「静電気が怖くて物に触れない」という方もいるでしょう。静電気はどのようにして発生しているのでしょうか?

物や人間、全てどんなものでも、プラスとマイナスの電気を持っています。プラスとマイナスの数が釣り合っている時は電気の動きはありません。静電気が発生するのは、二つの物が接触や摩擦した時や、接触した状態から離れる時です。動きやすい性質のあるマイナス電気がもう一方の物に移動し、バランスが崩れます。このバランスを崩した電気が「静電気」です。

常に何かに触れて生活しているので、触れるたびに電気が移動しています。材質によって異なり、塩化ビニール、ポリエステルなどはマイナス電気が多くなりやすく、人間の皮膚や髪の毛、ガラス、ナイロン、ウール、アルミニウムなどはプラス電気が多くなりやすいのです。皮膚や髪の毛にプラス電気が多くなっている時に、マイナス電気の移動が起こり感電し、バチっとした痛みを感じます。

常に静電気が発生しているはずですが、なぜ冬になると静電気を感じやすくなるのでしょうか?

水は電気を通しやすいため、湿度が高い状況では空気中の水の粒が皮膚や物の表面に沢山付き、溜まった電気が通りやすくなり、空気中の水分を伝って自然に電気が逃げていきます。空気が乾燥する冬には、自然に電気が逃げることがなく、体や物に溜まったままになり、さらに衣類の材質や、重ね着による摩擦で静電気が発生しやすい状況になります。

冬の静電気対策は、室内の湿度管理と、皮膚や髪の毛の保湿を心掛けるのが有効な方法です。保湿クリームを塗ったり、保湿サプリメントを飲むのも良いでしょう。水分摂取量を増やすことも大切です。
不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といって、皮膚や呼吸からも1日に900ml程が失われています。冬は汗もかかず、喉の渇きも感じにくいですが、常に体の水分は排泄されているので、水分摂取も忘れずに。

一覧へ戻る